メルカリお得に問題集を衝動買い

英語の本と女性メルカリを利用していると、いろんな商品が出てきます。
ちょうどTOEICの試験が近づいてきていて、勉強しなくちゃと思ってメルカリを更新するとTOEICの公式問題がありました。
その時は800円だったのですが、マーカーなどが引いてあるということで、そういうことであるならもう少し値段を下げて欲しいということを言ってみました。
そうすると、気持ち程度の値下げですがと言ってもらい300円も下げてもらいました。

300円も下げてもらうと結構きたないのかなと心配にはなりましたが、丁寧な方だったのでひとまずは商品が到着まで待つことにしました。
2~3日してからの発送で、そこから2~3日待って無事到着。
商品を確認してみると、マーカーはあったもののそこまで酷くはありませんでした。

人によって価値観が違うのかもしれません。
800円だった出品物ですが、中身を見てみたらもう少し高値でも売れたのではないと思ってしまいます。
しかしその800円から500円に下げてもらってこちらとしては大変嬉しく思っています。

相手にとっても使わないものを他の人に使ってもらいたいという気持ちがあったのでしょう。
ほとんど衝動買いみたいなものでしたが、大切に勉強に役立てています。

コツコツ自分のへそくりを貯めて50万円に、

がまぐちを持った女性結婚して子供が産まれ、子育てで自由に働くこともなくなりましたが、少しくらい自分の普段頑張っているぶん自由にお金を持っていたいと思ったことがきっかけで、自分なりにバレないようにへそくりを貯め始めました。
銀行だと出し入れの記録も残ってしまうし、いざとなったときバレてしまいそうな気がして気になってしまうと思ったので、自分の手元の近くで、自分しかみないような場所にしようと考え、隠し場所は子供の母子手帳ケースに全部いれて持っています。

子供の書類何枚かに包んで入れてあるので今のところバレていないのですが、たまに外に持ち歩くもので落としたりしたときのことを考えると不安もありますし厚さが出てきたのでまた新しい隠し場所を考え中です。
今のところ旦那は本を全く読まないということもあり、見た目がまるっきり本の入れ物ケースをネットで見かけたのででそれを購入し届き次第そちらにお金をうつし本棚に紛れ込ませようと思っています。

主な収入は、生活費が手渡しなので、そちらからバレない程度に毎月2000円?5000円をもらったり、ネットでの内職関係で貯めたお金、要らないものを売れるフリマサイトを利用して得たお金を引き出してへそくりにあてています。
ネットでの内職は一つ10円から100円など少ないですが、1ヶ月で5000円から10000円になることもあります。

また、フリマサイトを3つほど利用しており、そちらで自分がいらないものや家で使われていないものを全部のフリマサイトで売りに出すと、安くてもそんなに時間がかからず売れ自分の利益にすることができます。
こういったことを続けてまだ一年ほどですが、50万円ほどへそくりがたまっています。

また一番大きな収入源として、私側の親族や友人にもらった結婚のご祝儀、出産祝いをへそくりにしていることです。そんなに近い親族でなければもらったと言わずに自分のへそくりへまわしています。父や母からの場合はもらっていないということはできないので、少し値段を引いて旦那に伝え、残りのぶんをへそくりに回します。こうしていると結構なスピードで貯まって行きます。

ふるさと納税で失敗しないために。

升に入った新米お米を購入しようと思いふるさと納税でお米20kgを申し込みました。
予定では申し込みから2ヶ月位でお米が届くと思い込んでいました。
しかしなかなか届かず市役所の方へ問い合わせしてみました。

市役所からの返答は、郵送に時間を要しておりまだ発送まで至っていない、と言う内容。
自宅に残っていたお米の量から逆算してふるさと納税でのお米を選んだのですが、タイミングが合わず結局近くのスーパーでお米を10kg近く購入しました。

それから数日後、頼んでいたお米が届きました。
頼んだお米の量は20kgであったため、自宅に30キロ近いお米が残る結果となりました。
スーパーで買ったお米も、ふるさと納税で頼んだ米もいずれも新米であったため、すぐに食べたい新米を古米にしてしまう結果となり、無駄な出費をしてしまったなと反省です。

またお米を梱包されていた段ボールが、自宅に届いた日が大雨であった為に濡れてしまい、破れかけそうになっていました。
お米の袋自体の破損はありませんでしたが、段ボールが破損して中身のお米が落ちて袋が破れた場合、その分の損害保証はどうなるのかも、ちょっと考えてしまいました。
お礼の品は大きな商品ではなく、持ち運びが手軽な小さな商品の方が良いのかもしれません。

お金を追い求めない生活が金運を上げた

ケースに入った印鑑今年の3月にメインで使っている口座がかなり少なくなっていたことで、妻を激怒しました。
妻にお金の管理をさせていたのですが、このような事態になったのが2回目でしたので、これを機に私がお金の管理をするように。

当時は次の日の生活、1か月後の残高、どれくらいのペースで貯めていこうなどと気が気でありませんでした。
そこで、まず、お金を貯めるだけの口座を4月1日に作りました。
貯金箱の小銭、株式のわずかな配当、日雇いのバイト代をその口座に入れるようにして引き出すことはない口座に決めます。

この口座の銀行印は、私の会社の社長に勧められたハンコ屋さんで作った縁起物の銀行印を使用しました。
どんなに頑張っても、倹約しても体は一つですので、そんなに急にはお金は貯まりませんでした。
悶々としていても仕方がないので、暇な時にネットの内職サイトで小遣い稼ぎをしたり、今まで読めなかった本を読んだり、体を鍛えたりとお金がないことを忘れる毎日を送りました。

そんなとき、駅から30分かけて自宅まで歩いていると川沿いで亀に出会ったのです。
忙しい毎日に、何かホッとする出来事に「普通、道歩いてて亀に出くわすことってあるのかな?」と思いました。
7月下旬に通帳記入に行った際のこと。貯めるだけの口座残高が50万円以上になっていました。
わずか4か月足らずで50万円とは驚きました。
メインの口座も息を吹き返した感じで、どん底だった春先に比べ150万円以上は貯まっているのです。

正直、「あれ?」という感じでしたが、印鑑の効果か亀の効果かは分かりません。
しかし、春先の私と今の私の心境は大きく異なります。
今は忙しすぎて、お金を使っている暇がないですが、ギスギスした感情も滅多に出ないのです。

穏やかな毎日、大らかな性格になったと思います。
これが金運が上がるコツなんですね。
ないと思ってしまうとドツボにはまるので、大丈夫でしょくらいの楽観さが運を引き付けるのではないかと実感しています。

クレジットカードのお得な永久不滅ポイント

クレジットカードを持つ手クレジットカードをポイント目的で集めている人も多いと思いますが、たいてい期限があります。
セゾンカードの最大の特徴は「永久不滅ポイント」です。
その名のごとく「消滅しない」ので、せっかく貯めたポイントが商品に交換する前に失効していた、そんなことはなくゆっくり貯めることができます。

お得な「永久不滅ポイント」。
早く貯めるにはやはり、普段の生活から積極的に使っていくと大きく違ってきます。

ポイントの計算は「合算して」1000円で1ポイントですので、スーパーやコンビニでの数百円のお買い物でも、まとめればポイント獲得につなげることができるのでお勧めです。
また「永久不滅ポイント×Shufoo!」という、ご近所のチラシもチェックしつつポイントが貯められるアプリがあります。お出かけしながら献立の計画が立てられお金も時間も節約できますよ。

こつこつ貯めたポイントは、今までは商品券に交換するのがセオリーでした。
セゾンカードでは月々のショッピングのお支払いに使えることをご存知でしょうか。
200ポイントで900円分のお支払い(1ポイント4.5円分)に使うことができます。
商品券に交換するには500ポイントで2000円分(1ポイント4円分)なので、ショッピングのお支払いの方がお得です。

また、よくAmazonを利用される方ならAmazonギフト券に交換(200ポイントで1000円分:1ポイント5円)が断然お得です。ネット上の手続きですぐに使えますので、とても手軽です。

最後にカード利用の注意点。
ポイントを貯めようと積極的に使うのは良いのですが、カード利用書が届いてこんなに使ったかしらとびっくりすることはありませんか。カード支払いで生活費がなくなり、さらにカード払いで乗り切るという自転車操業では意味がありません。

カード支払い用の口座を作り、カードを使用したらすぐにその口座に入金しましょう。もしくは封筒などに入れておいて、支払日に入金しても良いでしょう。
カード利用と支払いの時間差をなくすことで、現金支払いと同じ感覚で管理できますよ。

節度を守って、お得なセゾンカードと付き合っていきましょう。

勇気を出すことで、本当の人生を取り戻せました

病院にいる男性と女性20代の頃から、ストレスの解消を買い物で発散してきました。
何枚もカードを所有し、それを使いながら自転車操業で返済したり、妹から借りたりしていました。
でも買い物で満たされるのはその一瞬だけ。
それがわかっているのにやめられなくて、いつも返済のことばかり考えるようになり毎日が憂鬱でした。
でもなんとか返済できるとまた、買い物したい欲望にかられ、その繰り返しでした。

そんな時、妹の命が長くないことを知りました。
私は初めて恐怖を感じました。
一生懸命私のために相談にのってくれたり、お金を貸してくれていた妹がこの世からいなくなる。

私は妹にとんでもないことをしていると初めて感じました。
私は大きく膨らんだ借金をなんとか返済して、妹のために生きようと思いました。
でも利息ばかりで一向に減りません。

テレビを観ていると債務整理のことが盛んに言われていたので、勇気を出して弁護士さんのもとへ行きました。
とても恥ずかしいし情けない気持ちで一杯でしたが、弁護士さんはとても優しく、淡々と話して淡々と処理が進みました。
私は怒られるのではないかといろんな心配をしていましたが、私のような人はたくさんいると言われて、少し安心しました。

結果、200万あった借金は80万に減りました。
なんだか拍子抜けしましたが、思い切って行動してよかったと思いました。
それから月二万ずつ返済し、完済することができました。

私はもうカードは持っていません。
私には必要ないものだと分かったからです。
自分のお給料の範囲内で暮らす、身の丈に合った生活をしています。

それは今の自分を知ることなので、卑下することもありません。
今後は妹のために頑張って生きていこうと思っています。

規則正しい生活をして、毎日前向きに生きることで...

目覚めて伸びをする男性長年にわたり副業含めた小遣いかせぎや、株、為替等の投資で少しでも楽してお金を稼ごうとして頑張ってきましたが、なかなか効果が上がりませんでした。
株、為替は一生懸命情報を集めて判断するのですが、集める努力をすればするほど裏目の結果になってしまうような始末で。

副業にかけた時間、株、為替投資の情報収集や検討にかけた時間を考えて時給に直してみると100円にも満たないような稼ぎでありがっかりしたものです。
まぁ、楽して稼ごうとしているわけなので、それは仕方ないとは思いますが、これならそうした時間にアルバイトでもしたほうがましですね。

そんなこんなでくすぶる日々が続いたのですが、1年ほど前から早寝早起きをして、1週間に2回は家から会社まで1時間半の道のりを歩いて通うようにしました。
今までなら、早起きして余裕ができた時間があれば、株や為替の情報集めをしたり、証券会社の口座にログインしてああでもないこうでもないと細かい注文を入れたり取り消したりしていたことでしょう。

しかし、そんなことに無駄な時間(想定時給100円未満)を使うより、健康で規則正しい生活をこころがけるようにしようと思い立ち、考え方を切り替えて実行に移しました。

そうしたことの効果があったのかどうかわかりませんが、株や為替での勝ち運が向いてきて、1か月平均で負けることはなくなり、時には100万以上の利益を上げることも出てきました。(英国のEU離脱で市場が大荒れになった時も、結果的に冷静な判断ができて1週間で50万設けました。)
結局、副業、株等の投資では素人は時間をかけて考えるよりも、シンプルに自分の基準をもって対峙することが肝要かと。

そして冷静かつ的確な判断をするために頭を健康に保たないといけません。
そのためには規則正しい生活で健康の基礎を固めることが重要ですね。

仲のよい友達にマルチ商法に騙されてしまいました

エステを受ける女性短大のときの友達で、いつも一緒にいた6人がいました。
卒業しても仲良しでよく会っていましたが、その中に物静かで集まりにも来たり来なかったりしていた子がいました。

みんな就職して働きだして1年がたったとき、その友達から突然電話がきました。
メールもほとんどしたことなかったのに、いきなり電話がかかってくるなんて何かあったに違いないと思って電話に出ました。
するとその友達は「とってもいいエステを見つけて私も行っていて今キャンペーンをしてるから一緒に行かない?」と言いました。

とてもテンションが高くておかしいなと思ったのですが、久しぶりに会いたかったし、大切な友達がせっかく誘ってくれているのだからと思いエステ体験に行ってみました。
エステは普通だったのですが、その後エステを続けないかと勧誘されて断れずに契約してしまい、ローンを組んでしまいました。

その友達は他の短大の友達もそういう風に誘ってエステを契約させていて、後で教えてもらったのですが知り合いがエステを契約した分お金がもらえるそうです。
まるでマルチ商法です。
友達をそういう金づるにしか思っていなかったなんてすごくショックでした。
私は20万円の契約をしてしまいました。悔しくてその友達とは連絡を取っていません。

住宅ローンは基本的には金利を比べれば良い。

赤い屋根の家私は27歳の時、地銀で4500万円を35年で住宅ローンを組み、毎月12万9千円の返済をしました。
変動金利で組みまして、当時、1番金利が安かったからです。
ただし、ネット銀行よりは高かったため、ネット銀行も審査申し込みしていましたが、結局、ネット銀行は審査が通らず契約となりませんでした。
その時は、ネット銀行では融資割合条件があり、私はそこが通らなかったのです。

各銀行を比べる際に、保証料の話が出てくると思います。
ネット銀行では、この保証料が無料であることをうたっていることが多いと思いますが、一方で契約手数料が非常に高いのです。
私は地銀で組んだ際に保証料が90万円ほどかかったので、ネット銀行で保証料がかからないというのは大変魅力的でしたが、ネット銀行では契約手数料がほぼ、地銀での保証料に達するくらいの金額がかかることがわかりました。
ですので、保証料云々というのは、実際にはそれほど大きな差にはなっていないと思っています。

やはり1番大きいのは、固定金利か変動金利か、ですが、これはどちらがいいという絶対の回答はないでしょう。
それぞれが一長一短です。
私は、今の経済状況、日銀の政策、消費増税を睨んだ財政再建など鑑みると、当分は金利は上がらないだろうと考え、変動金利で組みました。
固定金利は高いので、総返済額にかなりの影響を与えます。
ただし、フラット35の金利もかなり下がっていますので、これは魅力的と思います。ただし、融資割合などの条件がありますので、自己資金も必要です。

夫婦プラス1歳児家族の特別費の準備の仕方

電卓とお札私は毎年初めに1年間の特別費がどのくらい必要か予算立てすることから始めます。
保険の年払い用、車検と車の税金はまとめて銀行口座で毎月積み立てを行います。
なぜその他の特別費と分けてこの2つだけ管理するかというと、必ず出ていくお金だからです。
その他の特別費は我慢しようと思えばなんとでもなる項目なので、そちらとは別で管理していきます。

その他の交際費、旅行費、家具家電、子供、服飾費などはそれぞれ目標額を決め、こちらは銀行口座はまとめて毎月積み立てを行います。
私はできるものは全て特別費はクレジットカードで支払いします。
こうすると、家計簿を書いていて生活費以外にかかったお金は、この銀行口座に入っているお金を振り替えればいいですし、生活費以外にかかった金額が通帳を見れば一目瞭然です。

この流れを作るために、毎年初めの年間予算立てはとても重要ですし、この予算に見合う金額を毎月積み立てていくことがとても大切になってきます。

生活費は家計簿を書いていくと分かってきますが、そんなに金額の変動はありません。しかし、特別費だけは毎月の変動がまちまちで数十万違うことも多々あります。

節約生活は特別費を制することから始まるので、きちんと費目ごとに細かく予算立てを行い、その積み立てを毎月コツコツと行うことで突然の出費にも対応できる家計になります。